サーバー選びは慎重に。

すぐに詳しく知りたい方はコチラ

  • 赤ちゃんとお母さん
  • 木漏れ日の中の妊婦
  • 妊婦のお母さんと赤ちゃん
ウォーターサーバーの水の重さは新生児3人分!?妊婦のためのウォーターサーバー選び > 小容量タイプや軽いワンウェイタイプのサーバーの特徴とは?

小容量タイプや軽いワンウェイタイプのサーバーの特徴とは?

ボトル型ウォーターサーバーを取り扱う業者は大変多くなっており、各業者では、独自の特徴が備わったウォーターサーバーを提供することで他社との差別化を図っています。その中でも小容量タイプのものや軽いワンウェイタイプのボトルを使用するウォーターサーバーは多くの業者が取り扱っています。

小容量タイプのメリット

OKサインをする女性

従来のボトル型ウォーターサーバーでは、10L以上の容量があるボトルを使用することがほとんどでしたが、このような大型のボトルは、持ち運びがしづらいだけでなく、サーバーに取りつけたときに不安定になり、転倒事故を起こしやすいというデメリットがありました。

このような点を顧みて多くの業者が取り扱うようになった小容量のボトルは、持ち運びがしやすく、転倒事故などの危険性も少ないという点が大きなメリットとなっています。そのため、妊婦や小さな子どもがいる家庭での使用にも向いているといえます。

小容量タイプのデメリット

一方で小容量タイプのボトルは、当然水の容量が少ないため、ボトルの交換を頻繁にしなければならないというデメリットが生じます。小容量のボトルはいくら容量が少ないと入っても8kg程度の重さがあるため、臨月の妊婦などが頻繁に交換作業を行うのは大きなリスクを伴うといわざるを得ません。

使用済みボトルが溜まって困っている女性

また、ボトル型ウォーターサーバーを使用する場合、空になった容器は業者が回収に来るまで保管しておかなければならないため、いくら小容量とはいっても場所を取るということもまた大きなデメリットのひとつとなります。

このように小容量のボトルを使用するウォーターサーバーには、ボトルが小容量であるからこそ生じるデメリットも伴うため、導入を検討する際には、それらの点に関しても考慮しなければなりません。

軽いワンウェイタイプのメリット

ワンウェイ式サーバー

市販されているミネラルウォーターの中には、簡単につぶせる素材で作られたペットボトルに入ったものも頻繁に見かけるようになりました。このようなつぶしやすい素材は、近年、ボトル型ウォーターサーバーで使用するボトルの素材としても使用されることが多くなっており、そのようなボトルは軽く、使い捨てが可能なワンウェイタイプとして多くの業者が取り扱うようになりました。

このような軽いワンウェイタイプのボトルは、つぶして通常のごみとして回収してもらうことが可能なため、再利用タイプのボトルのように業者が回収に来るまで保管しておく必要がないという点が大きなメリットとなります。

また、軽いワンウェイタイプのボトルは持ち上げやすいため交換が簡単であるだけでなく、素材自体が柔らかいことから、万が一サーバーの転倒事故などが発生しても人がけがをする危険性が少ないという点も大きなメリットのひとつとなります。

軽いワンウェイタイプのデメリット

一方で軽いワンウェイタイプのボトルは、ボトル自体が柔らかい分、大きな衝撃が加わると破損し、水漏れなどが発生する危険性も伴います。そのため、特にボトルの交換は慎重に行う必要があるため、妊婦にとってはその作業を行うことによって大きな負担がかかることも考えられます。

芽吹いた草

また、ワンウェイタイプのボトルは使い捨てである以上、再利用タイプのものに比べて環境への悪影響が多いといわざるを得ません。そのため、その利用に際しては、ユーザー自身への直接的な影響以外にも大きなデメリットがあるとの認識をする必要もあります。

ボトル型ウォーターサーバーの中でも小容量タイプや軽いワンウェイタイプのボトルを使用するものは非常に多くなっており、各々に異なる大きなメリットが存在することは事実です。しかしながら、これら2種類のボトルには上述したようなさまざまなデメリットもともなうため、その利用に際しては総合的なスペックから自身の家庭での利用に適しているか判断する必要があります。