サーバー選びは慎重に。

すぐに詳しく知りたい方はコチラ

  • 赤ちゃんとお母さん
  • 木漏れ日の中の妊婦
  • 妊婦のお母さんと赤ちゃん

妊婦の為にサーバー選びする際気にするポイント

❶ボトルの重さが妊婦に及ぼす影響とは?

ボトルは重量があるため、その交換作業や持ち運びには大きな手間がかかります。妊婦に及ぼす影響は非常に大きく、注意が必要です。

❷下部にボトルを装着するタイプのサーバーなら安全?

交換時のボトル落下事故などのリスクは防げますが、使用するボトルのサイズが小さくなりがちであるため、頻繁に交換を行わなければならないと言う点もあります。

❸ミルク作りなどにも使えるの?

ウォーターサーバーの水は水道水と比較して安全性が高く、赤ちゃんの体への悪影響が少ないといわれています。お湯等もすぐに出せるのでミルク作りも楽に行えます。

MORE

ウォーターサーバー「CoolQoo」

愛用者の声

ノンボトル・ウォーターサーバー「CoolQoo(クール・クー)」 愛用者様のお声。

設置方法

水道直結型ノンボトル・ウォーターサーバー「CoolQooRO濾過」設置方法の紹介です。水道直結型は、とてもスタイリッシュに設置する事ができます。

RO濾過実験

色の濃いコーヒーをRO濾過にてピュアウォーターする実験です。よく耳にするRO濾過とはどんなものなのか、貴方のその目でお確かめ下さい。

ウォーターサーバーの水は安全性が高く、乳幼児の飲み水としてだけでなく、妊婦の飲み水としても高い需要があります。しかしながら、ウォーターサーバーの使用においては、妊婦の体に大きな負担がかかる作業が伴うこともあるため、家庭内での導入においては慎重に検討しなければなりません。

ウォーターサーバーの水の重さが妊婦の体に及ぼす影響

ボトル上部式ウォーターサーバー
ウォーターサーバーは2種類あり

ウォーターサーバーには、「ボトル型」と「水道直結型」の2種類が存在します。このうちボトル型ウォーターサーバーには水道直結型ウォーターサーバーと比較して普及率が非常に高いという特徴があり、ウォーターサーバーといえばボトル型ウォーターサーバーを指すと考えても差し支えありません。

しかしながら、その普及率の高さとは裏腹に、ボトル型ウォーターサーバーは使用する際に妊婦の体に対して大きな負担がかかる作業も伴うことから、必ずしもすべての人にとって利便性に長けたウォーターサーバーということはできません。

ボトル型ウォーターサーバーのボトルの容量

ボトル型ウォーターサーバーの中でも、その取扱いにおいて妊婦の体に大きな負担をかけることが考えられるのが水が入った大型のボトルです。

ボトル型ウォーターサーバーで使用するボトルの容量は業者によって異なるため一概にはいえませんが、8L~18L程度の容量があるものが殆どとなっており、その重さは新生児3人分以上にも及ぶことが分かります。

また、ボトルの中には硬い素材で作られた重く、頑丈なものもあるため、ボトル全体の重さは小さいものでも10kg近くにおよぶという点に関しても覚えておく必要があります。

ボトルの交換は妊婦にとって大きな負担に

イスに座っているお腹の大きな妊婦

上述のとおりボトル型ウォーターサーバーで使用するボトルは小さなものでも10kg程度の重さがあるものが殆どであるため、その交換においては大きな力が必要となります。

また、ボトル型ウォーターサーバーの多くは、サーバーの上部にボトルを取り付ける構造になっているため、交換をする際には胸より上の高さまでボトルを持ち上げなければならず、その作業は妊婦にとって大きな負担がかかるだけでなく、落下事故などのリスクも伴います。

妊婦への影響はボトル交換以外にもあり

ボトル型ウォーターサーバーのボトルは定期的に配達されるため、その受け取りや保管場所への移動に際しても、ボトルを持ち上げるための大きな力が必要となります。そのため、ボトル型ウォーターサーバーの利用に際しては、さまざまな局面で妊婦に対して大きな負担がかかるといえます。

イスに座っているお腹の大きな妊婦

ウォーターサーバーのボトルの水って一般家庭でも飲みきれるの?

ボトル型ウォーターサーバーで使用するボトルの大きさや重さは、サーバー自体の使い勝手にも大きく影響します。そのため、ウォーターサーバーの家庭内での導入に際しては、業者ごとのボトルの大きさ、重さの違いについて十分に比較しておかなくてはなりません。

ボトルの大きさは業者によってさまざま

ボトル型ウォーターサーバーで使用するボトルの容量は、上述したとおり8L~18Lと幅があり、その大きさは業者によって大きく異なります。

しかしながら、ボトルの大きさや重さはボトル自体の交換を行う際や配達時に受け取る際などに生じる妊婦の体への影響に大きく関係するため、業者を決める際にはその業者が取り扱っているボトルの大きさや重さについても十分に把握しておかなければなりません。

そのため、業者を選ぶ際にはボトルの大きさや重さが妊婦の体に負担がかからない程度であることも重視する必要があるともいえます。

水流
小型の使い捨てタイプの中には軽いものもあり

ボトル型ウォーターサーバーで使用するボトルは、使用されている素材にも大きな違いがあります。

中でも簡単につぶすことができる柔らかい素材で作られたボトルは、十分な軽量化が図られていることもあります。そのため、つぶしやすい小型の使い捨てタイプのボトルを使用するウォーターサーバーであれば、ボトル自体も比較的軽く、妊婦の体への負担も抑えることができるかもしれません。

水流
3世代家族の食事風景
少人数の家庭では飲みきるのが困難な場合も

一方で、ボトル型ウォーターサーバーでは定期的に水が配達されるため、それらを期限内に飲みきることができるのかという点に関しても十分に考える必要があります。

上述したようにボトル型ウォーターサーバーで使用するボトルの容量は8L~18L程度となっているため、1本だけであれば少人数の世帯でも飲みきることは可能です。

しかしながら、多くの業者ではひと月当たりの注文本数のノルマを設けているため、ノルマが2本以上の業者と契約をしてしまうと、少人数の家庭では水を飲みきることができず、ボトルが溜まっていってしまうかもしれないため注意が必要です。

ノルマがない業者は少ない

少人数の家庭でボトル型ウォーターサーバーの導入を検討している方の中には、ノルマがない業者を探している方も多いかもしれません。しかしながら、現状ではボトルの注文本数のノルマを設定していない業者は少なく、理想とする業者に出会うことは決して容易ではありません。

小容量タイプや軽いワンウェイタイプのサーバーの特徴

ボトル型ウォーターサーバーの中には小容量タイプや軽いワンウェイタイプのものも存在し、条件によってはこれらのタイプのウォーターサーバーのほうが利用にて適しているかもしれません。

水を飲む女性
小容量タイプのメリット

従来のウォーターサーバーで使用されていたボトルは総じて重量があり、取り扱いづらいという難点がありました。しかしながら、小容量タイプのボトルはボトルが小さい分軽く、交換や持ち運びがしやすいという点が大きなメリットとなっています。

また、ボトル型ウォーターサーバーの多くはサーバーの上部にボトルを取り付ける構造になっており、重たいボトルを取りつけると不安定になるという難点もありましたが、小容量タイプのボトル型ウォーターサーバーでは、ボトル自体が軽いため、転倒事故などの危険性が少なくなったという点も大きなメリットといえます。

小容量タイプのデメリット

一方で小容量タイプのボトルは当然容量が少ないため、頻繁に交換を行わなければならないという点は大きなデメリットとなってしまいます。また、そのボトルはいくら容量が少ないとはいっても8kg程度の重さがある場合もあるため、それを持ち上げることは妊婦にとって大きな負担となるかも知れません。

水を飲む女性
ゴミ箱
軽いワンウェイタイプのメリット

つぶしやすい素材が使用された軽いワンウェイタイプのボトルは、つぶせば通常のごみとして捨てることができるため、大型のボトルを使用するウォーターサーバーのように業者による回収を待つ必要がないという点が大きなメリットとなります。

また、軽いワンウェイタイプのボトルは、持ち運びや交換がしやすいだけでなく、それ自体が非常に柔らかいことから、万が一床に落とすなどしてもけがをする危険性が少ないという点もまた大きなメリットとなります。

軽いワンウェイタイプのデメリット

一方で軽いワンウェイタイプのボトルは素材がつぶしやすい分、強い衝撃が加わると破損し、水漏れなどを起こしやすいというデメリットも伴います。また、このタイプは使い捨てである以上再利用が可能なタイプに比べて環境への悪影響が大きいというデメリットがあることも忘れてはいけません。

下部にボトルを装着するタイプのウォーターサーバーの特徴

ボトル型ウォーターサーバーの多くは上部にボトルを装着しますが、これによってボトルの交換時に重たいボトルを持ち上げなければならなくなったり、サーバーが不安定になったりすることによって転倒事故の危険性が増えるといったデメリットも生じます。

このようなボトル型ウォーターサーバーならではのデメリットを顧み、最近ではボトルを下部に装着するタイプのウォーターサーバーも登場しています。

作業服を着た男性のガッツポーズ

サーバー自体の特徴が多様化している原因

近年では水道水をはじめとした口に入れるものに対する不安の増加から、ウォーターサーバーに対する注目度は急激に高くなり、それに伴って多くの業者がウォーターサーバー事業に参入するようになりました。

しかしながら、このことによって業者間での競争はより激しくなり、各業者では独自のサーバーの開発提供などにより他社との差別化を図るようになりました。サーバー自体の特徴が多様化している大きな原因としては、このような業者の増加がその最たるものとして挙げられます。

作業服を着た男性のガッツポーズ
大きなおなかを撫でる妊婦

ボトル型ウォーターサーバーのデメリットだった「交換のしづらさ」

従来のボトル型ウォーターサーバーには、胸より上の位置にくることもあるボトルの装着位置にまでボトルを持ち上げなくてはならないことなどによる、交換のしづらさが大きなデメリットとして伴っていました。

しかしながら、昨今ではこのようなデメリットに多くの業者が着目するようになり、交換のしづらさが大幅に解消されたウォーターサーバーも数多く登場するようになりました。下部にボトルを装着するタイプのウォーターサーバーはその代表的なものとして挙げることができます。

下部にボトルを装着するタイプのウォーターサーバーのメリット

下部にボトルを装着するタイプのウォーターサーバーの具体的なメリットとしては、ボトルを持ち上げる必要がなく、また、物によってはバスケット型のケースにボトルを入れ、サーバー下部のスペースにスライドさせるだけで簡単にボトルの交換ができるため、とにっかう手間がかからないという点が挙げられます。特にこのようなボトルの交換に関係するメリットは妊婦にとっても大きな意義があるといえます。

また、下部にボトルを装着するタイプのウォーターサーバーは重心も下部にくるため、サーバー自体が安定し、転倒事故などの危険性が少なくなるという点も大きなメリットとなります。

下部にボトルを装着するタイプのウォーターサーバーのデメリット

一方でこのタイプのウォーターサーバーで使用するボトルはどうしても小型になってしまうため、頻繁に交換をしなければならないという点は大きなデメリットとなります。

また、下部にボトルがあるとポンプによって水をくみ上げる形となるため、ポンプの起動音がうるさく、電気代も余計にかかるというデメリットがあるという点も忘れてはいけません。

ボトル交換が不要な水道直結型ウォーターサーバーがおすすめ!

以上のようにボトル型ウォーターサーバーにはさまざまな種類のものがある反面、それぞれに大きなデメリットがあるため、確実に妊婦の使用に適しているというものは挙げることができません。

しかしながら、水道直結型ウォーターサーバーの場合は、その仕組みが大きく異なることから、ボトル型とは異なるメリットが数多く存在します。

ボトル上部式ウォーターサーバー

ボトル型ウォーターサーバーのデメリットの特徴

ボトル型ウォーターサーバーにつきまとうデメリットの殆どは、「ボトルの交換がしづらい」、あるいは「重量があるためボトルを持ち運ぶのが困難である」といったボトルに関係するものとなっています。

そのため、ボトルを使用しない水道直結型ウォーターサーバーであれば、少なくともこれらのデメリットのすべてを解消することができます。

ボトル上部式ウォーターサーバー
水道直結型CooQoo

水道直結型ウォーターサーバーとは?

水道直結型ウォーターサーバーとは、家庭にある水道に接続して使用するウォーターサーバーです。このウォーターサーバーの内部には高度なろ過機器が搭載されており、それによって水道水に含まれる不純物を除去することで安全性の高い水を供給することが可能となっています。

水道直結型ウォーターサーバーなら「Cool Qoo」がおすすめ!

水道直結型ウォーターサーバーを取り扱う業者はボトル型ウォーターサーバーを取り扱う業者に比べると圧倒的に少ないですが、いざ業者を決める段階になると、何を基準に選べばよいか分からなくなってしまうこともあるかも知れません。ここでは、そのような方に水道直結型ウォーターサーバー「Cool Qoo」をおすすめします。

「Cool Qoo」は、上述のとおりボトルを使用することによって生じるデメリットが伴わないだけでなく、給湯機能や内部装置の自動クリーン機能などのさまざまな機能が搭載されており、その利便性の高さはいくつか存在する水道直結型ウォーターサーバーの中でも群を抜いているといえます。そのため、特に飲み水の安全性に対する不安を抱きがちな妊婦も、「Cool Qoo」であれば安心して供給される水を飲むことができます。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

1位 COOL QOO(クールクー)

Coolqoo >>公式サイトはこちら

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

2位 ピュアウェーブ

水道直結で安心安全な温水と冷水が使い放題

初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

3位 楽水(らくみず)

樂水ウォーターサーバー

初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。